私は現在32歳の男性です。仕事は公務員として、宮城県のとある市で働いています。家族は妻と3歳になる子どもが一人います。そして、もう一人が今妻のお腹の中にいます。来年には家族4人となる予定です。そこで、家族も増えることだしついにマイホームを購入することにしました。今日は、マイホーム取得までの経緯を記したいと思います。

まず、マイホーム購入にあたり、どこの住宅メーカーにお願いするかを検討しました。後から考えるとこれが一番難しかったです。予算も限られていますので、できるだけ価格が安い住宅メーカーをと考えて、ネットなどの評価を見るとあまり良くなかったりして、どの情報を信じてよいのかちょっと戸惑ってしまいました。そんな時に、とある住宅メーカーのモデルハウスを見学しに行くと、私と同じくらいの年齢で、家族構成も似ている営業マンがおり、何回か通っているうちに信頼関係もできたので、その住宅メーカーから購入することを決意しました。

そこのメーカーの売りは、自由設計でした。つまり、自分で間取りの希望などを伝えて、一から図面を書いてもらうというものです。私は家づくりの際に心がけたのはリビングです。リビングにみなが自然と集まれるように憩いの場となるようにしました。キッチンは対面式にしたので、妻が料理をしながらでもリビングの様子を見ることができます。また、将来のことを考えて子供部屋に間仕切りができるようにしてもらいました。小さい頃は二人とも同じ部屋でいいと思いますが、中学、高校となると自分の部屋が欲しくなります。そんな時にも対応できるようにしてもらいました。 このように家の設計も終わり、いよいよ施工となりました。予算が限られていたので、外構はかなりシンプルな作りにしてもらいました。カーポートも欲しかったのですが、それは結局つけませんでした。また、何年かして貯金ができたら設置したいと思います。

住宅ローンですが、今はきちんとした職につき、安定した年収があれば比較的低金利でローンを組めます。私は頭金として300万円用意し、残りの分をフラット35でローンを組みました。期間は25年です。今まで賃貸のアパートの家賃にプラス2万円くらいで毎月返済しています。






ページのトップへ戻る