固定金利など有益な知識が明記されているローンコラム

住宅ローンを賢く利用するとなると、知識はとても大切です。知識量は多いに越した事はありません。例えば固定金利などに関する情報があります。ローンの中には利息が動くタイプなどもあるのですが、かえって動かない方がお得になる事もあります。それは明らかに知識の1つです。

また個人保護方針なども、実はローン商品には関わってくるのです。それぞれの金融会社は、個人情報の取り扱いなどに関して、色々とルールも異なります。ですので各社がどのような指針になっているかは、会社選びの基準の1つになるでしょう。

そのような情報などは、ローンコラムなどに掲載されています。各社のホームページなどに、豆知識と称して色々な情報が記載されている訳です。中には趣味などに関する情報が書かれている事もあります。それで日常生活が充実するケースも意外と多い訳です。

ですのでその融資商品に関する有益な情報を集めたい時は、コラムなどには目を通しておくのが良いでしょう。"


住宅ローン返済中に起こる地獄

マイホームに憧れて作品ともいえる建売住宅や注文住宅の展示場、マンションなどに足を踏み入れればその気持ちはさらに高まり手に入れたいなと思う人がほとんどでしょう。そしてそのほとんどの人がマイホーム購入の際に利用しているのが住宅ローンです。

ご存知の通り住宅ローンを組みためには、審査があります。借入予定金額と年収、仕事の勤務年数、過去のローンや現在の他のローン状況などで判断されます。その審査によってマイホームが購入できるかできないかふるいにかけられてしまうわけで、融資を受けられないと決定してしまった人は肩を落としてしまうでしょう。

しかし、そんな人よりも地獄を見る可能性がある人がいます。それはギリギリで住宅ローン審査に通ってしまった人です。給料アップを見込んだりボーナス払いを見込んでローン返済を考える人は、会社の業績悪化で予定通りに物事が進んでいかず返済に苦しむ人が結構います。

住宅ローン審査:事前審査・仮審査の審査基準を徹底調査しておくことも大切なことですが通ってからのこともとても大切です。


こだわりキッチンと住宅ローン

私は現在32歳の男性です。仕事は公務員として、宮城県のとある市で働いています。家族は妻と3歳になる子どもが一人います。そして、もう一人が今妻のお腹の中にいます。来年には家族4人となる予定です。そこで、家族も増えることだしついにマイホームを購入することにしました。今日は、マイホーム取得までの経緯を記したいと思います。

まず、マイホーム購入にあたり、どこの住宅メーカーにお願いするかを検討しました。後から考えるとこれが一番難しかったです。予算も限られていますので、できるだけ価格が安い住宅メーカーをと考えて、ネットなどの評価を見るとあまり良くなかったりして、どの情報を信じてよいのかちょっと戸惑ってしまいました。そんな時に、とある住宅メーカーのモデルハウスを見学しに行くと、私と同じくらいの年齢で、家族構成も似ている営業マンがおり、何回か通っているうちに信頼関係もできたので、その住宅メーカーから購入することを決意しました。

そこのメーカーの売りは、自由設計でした。つまり、自分で間取りの希望などを伝えて、一から図面を書いてもらうというものです。私は家づくりの際に心がけたのはリビングです。リビングにみなが自然と集まれるように憩いの場となるようにしました。キッチンは対面式にしたので、妻が料理をしながらでもリビングの様子を見ることができます。また、将来のことを考えて子供部屋に間仕切りができるようにしてもらいました。小さい頃は二人とも同じ部屋でいいと思いますが、中学、高校となると自分の部屋が欲しくなります。そんな時にも対応できるようにしてもらいました。

このように家の設計も終わり、いよいよ施工となりました。予算が限られていたので、外構はかなりシンプルな作りにしてもらいました。カーポートも欲しかったのですが、それは結局つけませんでした。また、何年かして貯金ができたら設置したいと思います。

住宅ローンですが、今はきちんとした職につき、安定した年収があれば比較的低金利でローンを組めます。私は頭金として300万円用意し、残りの分をフラット35でローンを組みました。期間は25年です。今まで賃貸のアパートの家賃にプラス2万円くらいで毎月返済しています。



公的年金の備えの為の控除と無断複写の注意点

住宅ローン控除という制度は、マイホームをお持ちの方々には重要です。なぜならそれで、公的年金の心配などが払拭される事もあるからです。現在では多くの方々が、公的年金に対して不安を覚えています。それはあまり期待できないと思う方も多いからです。

ところで住宅ローン控除によって、それが解消される事があります。なぜならその控除により、節税ができるようになるからです。節税が可能になれば、その節約できたお金を生活費に充当する事もできます。また将来の備えのお金の為に、貯蓄額に充当する事も可能です。ですので、ローン控除のメリットは大きい訳です。

ただしそれを利用する時には、著作権などには気をつけた方が良いでしょう。いわゆる無断複写などには注意を要します。カフェなどでたまに複写をしている方も見られますが、やはり著作権の問題などには気をつけた方が良いのです。それで大きな問題が生じれば、罰金の支払いになる可能性もあります。最低限の注意事項だけは、守っておくべきでしょう。


無効か否かを知るためにシミュレーションを活用

住宅ローンを検討中の方々は、しばしば無効になるかどうかを気にしています。なぜなら、それを利用する以上は審査が発生するからです。

そのローン商品には、必ず借入条件があります。一定の条件を満たすことで借りれる訳ですが、もちろん条件を満たしていなければ審査落ちになります。ですので借りる前に、果たして融資が可能なのかどうかの目安を知りたいと思う方も見られる訳です。

1つのやり方としては、シミュレーションが挙げられます。それを利用すると、無効か否かの目安を知ることができるからです。そのシミュレーションには、自分の様々なデータを入力する事になります。収入や婚姻状況など色々な情報を入力し、所定のボタンをクリックする事で融資可否を見る事ができます。

ですので借りたいかどうかの目安を知りたい時には、それを利用すると良いでしょう。またそれは、返済可能額をする時の目安も分かります。毎月どれ位の金額で返していけば良いかも、全て算出されるからです。


ページのトップへ戻る